2019-02

現地採用のリアル生活

「私は何人でもない」国籍と自己アイデンティティの不一致を抱える友人の話

「ママにはね、お酒なんて絶対飲めな〜いって言ってるの。だから今日も飲まなかったことにしてね♡」 そう言ってジン・トニックのグラスを嬉しそうに撫でているのは、インド人の元同僚プリーシャ(...
現地採用のリアル生活

シンガポールの地下鉄MRTが暴走した時の乗客の神対応

シンガポールの国民の足である、電車・地下鉄(MRT)。 よく晴れた日曜日、私はシンガポール初の世界遺産であるボタニック・ガーデン(Botanic Garden)の最寄り駅から、最近路線が拡...
人生いろいろ

憧れだけでは生きていけないフィールドで働く国連職員の覚悟

国際協力分野に足を踏み入れる人ならば、誰しも救いたい世界があるのだと思う。国連というとめちゃくちゃ頭のキレる職員たちが世界平和に向けて日々邁進しているような、ものすごくダイナミックなことを想...
現地採用のリアル生活

シンガポールに農園?未来を牽引する最新技術とは

シンガポールにも、自然があるんだよ! こう言うと、ほとんどの人はまず信用しない。 あー、ボタニックガーデンのこと?笑 と、嘲笑されるのがオチだ。 あゝ、哀れなシンガポ...
現地採用のリアル生活

シンガポール在住の日本人医師が海外移住を決めた理由

日曜日の朝一番、過去数ヶ月くらい全く触れていなかった、通称<魔窟>を開けて、その雑多さにドン引いた。ベッドの隣にある収納スペースのことだ。何でもかんでも押し込んでいたので、自業自得だけど、汚...
現地採用のリアル生活

シンガポール在住の子どもたちにハッとさせられる才能

シンガポールの観光名所でもある、市民食堂ホーカーの代表「ラオ・パサ」。 金融オフィス街のど真ん中にあり、かつての英国支配中には魚市場であった面影を残すドーム型をしている。観光名所でもあるため、...
シンガポールあるある

日本人現地採用がシンガポール人の上司と上手く付き合うコツ

たぬ ね〜ね〜。 琴音 ヤッホーたぬ。 たぬ 琴音がむかし働いてた会社はさ、シンガポールの会社だったよね? 琴音 うん、本社はアメリカにあっ...
シンガポールの就活事情

シンガポールの現地採用第1号!日本から見捨てられた漂流民「音吉」を訪ねてきた

英語の「land」を和訳せよと言われたら、何と訳すだろう。 「土地」「陸地」「陸」? 私の頭で思いつくのは、せいぜいこのくらい。 しかし。かつて、この単語を「国」と訳した人...
シンガポールあるある

シンガポール版おせち「Yu Sheng/ Lo Hei」の作り方と食材の意味

シンガポールは旧正月カレンダーに倣っているので、新年を迎えるのは2月。 今年は、2月5日が祝日だという。 すでに休暇に入っちゃったシンガポールの仕事相手からは、もー全然メールの返信が返っ...
トップへ戻る