誤解されがちな多様性(ダイバーシティ)について

シンガポールはつくづく、多様性(ダイバーシティ)をうまく利用した国家だと思う。

シンガポール政府の言う「多様性」とは、中華系・インド系・アラブ系などといった民族カテゴリーを指す。「シンガポールは人種のるつぼではなく、それぞれの民族が独自の文化や伝統を保持することで他を尊ぶ社会である」とリー・シェンロン首相自身も主張している通り、「多様性」はシンガポールを語る上で欠かせない。

公共住宅(HDB)の入居者やインター校の在校生徒には、「多様性を維持するため」という名目で各民族カテゴリー別の目標比率が設けられているという。また学校教育においては、母語の習得を義務付けるなどして個々の民族意識も守られている。それぞれの役割を活かした助け合い・補い合いが、家庭、教育現場、そしてビジネスにおいても推奨されているのだ。

実際にシンガポールは建国53年にして、貿易の中心地(Trade Hub)からイノベーションの中心地(Innovation Hub)として成長した。先日の米朝首脳会談では、先駆的な警備体制で「安全性」をも世界に知らしめている。国際社会における評判を、確固なものとしたシンガポール政府。彼らは国策方針の一つに「Co-Innovation」を盛り込み、「異なる素質や能力を持った個人が合わさることで国が発展する」と多様性に対して非常に前向きな姿勢を見せている。

そんな感じだから、日常生活で「シンガポール人」と言ったら、まず「何系かな?」という民族的な区分けを意識してしまう。

先日、何の脈絡だったか覚えていないけれど、シンガポール人の友人が発したこの言葉にハッとしたことがあった。

シンガポール人だからって、皆がみんなチキンライスを好きなわけじゃないよ。

シンガポールで暮らしていると、国籍・性別・宗教など表面的な多様性ばかりに意識が向きがちになってしまう。

けれど同じ国籍、同じ性別、同じ宗教を持っていても、それぞれの意見や価値観の違いも、立派に「多様性」と言えるよね、と。

日本人でも全員が毎朝、白米と味噌汁と食べているわけではないだろう。同じようにシンガポールで生まれ育ったシンガポール人でも、個人の考え方は十人十色なんだ。

人生で初めて「多様性」を意識した幼稚園時代の思い出

私が人生の中で「多様性」に触れた最も古い記憶は、幼稚園まで遡る。

半袖を着ていたから、おそらくあれは夏場だろう。

スフィンクスみたいな格好をした、ライオンさんの滑り台がお気に入りだったんだけど、その日はバケツに溜めた水を砂場まで何回も運んで行って、小さな池をいくつも作る作業に熱中していた。

しかし、当時は夏。運んだ水はすぐに地面に吸収されてしまう。潔く諦めて、今度は水分を得て色の濃くなった土砂で「泥だんご作り」をし出した。

小学生の頃は「いかに硬い泥だんごを作れるか選手権」をよく友達と開催していたけれど、幼稚園の頃はギュッギュと握って、ハイおしまい。

私はその丸い土の塊を、何を思ったか一緒に遊んでいたクラスメイトの女の子に手渡した。ユウリちゃんと言った。

おままごとの延長だったのかもしれない。とにかく「はい、どうぞ」という軽いノリでそのドロの塊を差し出した覚えがある。

するとおさげ頭のユウリちゃんは何を思ったか、茶色い泥だんごを、口の中にポッと放り込んでしまったのだ!

えぇぇ、食べるの??

自分の口内にも苦味が伝わってくるようだった。それ絶対に不味いでしょ…。

極め付けに、瞬時に吐き出すと思ったその土を、なんとその子はもぐもぐと口を動かし咀嚼し始めた。

えええ、土食べてるこの子!!( ;⚪︎Д⚪︎)

近くにいたピンク色の花柄エプロンをした先生が、異変に気がつき、慌てて土を吐き出させた。だんご三兄弟の絵がめちゃくちゃ上手なコタケ先生。ロッカーの中に閉じこもってかくれんぼしてたら「危ないでしょ!」とお母さんよりも怖い顔して飛んできた先生。今、その顔には焦りしか浮かんでない。

泥だんごを吐き出した女の子は、そのあと表情一つ変えぬ冷静さで再び砂場をほじくり始めた。

何か声をかけてあげた方が良いのか混乱しつつ、何の言葉も浮かばない。今のは、見て見ぬ振りをしようか。折角作ってあげた泥だんごは、エグい見た目の吐瀉物となって砂場の外に放り出されてしまった。

あー、びっくりした。そしてちょっとした落胆。

だけど更にびっくりしたのは、落ち着きを取り戻したコタケ先生が、ユウリちゃんにかけた言葉だった。

ユウリちゃんはお団子もらって嬉しかったんだよね。大切にしたかったんだよね。

え?

嬉しかった?

大切にしたかった?

誰かからもらったものを食べるのは、感謝の証なのか!

衝撃的な発想である。

当時の私は先生の言葉を疑いもせずに「あぁそうなんだ」と状況を飲み込んだ。

残念ながら、その子が卒園後にどこへ行ったのか、今先生が何をしているのかはわからない。だけどその子に手渡した泥だんごの大きさや、一瞬触れ合った柔らかい手先の感覚は、今でも鮮明に思い出される。

私と同じ、日本生まれ日本育ち。私と同じ幼稚園の同じクラスにいる同い年の女の子。だけど何の嫌味なく「この子は私とは考え方が違うんだ」という多様性をはっきりと認知したのは、記憶している限りこれが初めての経験だった。

目で見えない違いに、あえて目を向ける努力をする大切さ

20歳で初めて日本の外に出てからは、理解の範疇を超える異次元なレベルで、たくさんのショッキングな出来事に出くわすことがあった。だけど今でも、多様性の気付きという原体験はやっぱり「泥だんごを食べたユウリちゃん」にある。

海外生活を送っていると、自ら多様性を発掘する努力を怠ってしまうように思う。だって目を開ければそこはもう異世界で、自分はそこで生活する外国人。今更多様性なんて議論しなくても、肌感覚で捉えられているような錯覚に陥ってしまうんだ。

だけど実際は、国籍や性別の違いといった「目で確認できる相違点」は、とりたて多様性を受け入れるために必要な要素ではない。多様性は、もっとすぐそばに溢れているのだ。

私は日本人、あなたはシンガポール人。はい、多様性ですね。

ではなくて、「どう思うか」「どう考えるか」「どう捉えるか」という一個人の意識や価値観にあわられる違いこそが個性であり、アイデンティティであり、多様性を構築する要素であるのだろう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました