人生いろいろ

入眠前の半身浴で睡眠導入剤の半減期間の効果って高まるのだろうか

シンガポールの現地採用情報を発信すべく運営しているこのブログだけど、ちょっと脈絡のない話をしても良いでしょうか...。 と言っても昨日の記事の続きなんだけど。 私は1年半ほど前か...
人生いろいろ

シンガポールで不眠症→処方された睡眠導入剤マイスリーを1週間服薬してみた所感

寝たいのに、寝られない。 経験した人はわかってくれると思うけど、この症状は本当に辛い。 夜23時に布団に入ってから、完全に寝付けるまで約6時間。 目は眠いんだよ。 頭だけハッ...
フリーランス生活

人生で初めて出会ったフリーランサー金森さんのお話

その日、私は空港の片隅で時間を持て余していた。 海外旅行にはパスポートとクレジットカードさえあれば事足りる信じていたけれど、どうやら違ったようだ。 手荷物審査を終えたあとの搭乗口...
シンガポールあるある

日本の大学って楽じゃないの?アジアの優等生たちが語る本当の「楽単」とは

シンガポールにはアジア各国出身の優秀な学生たちが多い。 シンガポール経営大学(SMU)やシンガポール国立大学(NUS)、また南洋工科大学(NTU)といったアジア大学ランキング上位にラン...
現地採用のリアル生活

シンガポール新卒・現地採用のお財布事情!やってはいけないNG集

アジアの中でも物価が高いとされるシンガポール。海外就職はしたいけれど、実際に生活をするとなると相当費用がかかるのではないか?という疑問は少なくない。 それに加え「新卒」で「現地採用」と...
人生いろいろ

シンガポールで胃カメラ体験!逆流性食道炎とポリープ切除で静脈鎮静剤を投与

やんわりとした白い光に包まれながら、私は病院の担架に横たわっていた。 ここは、手術室。 逆流性食道炎(=reflux esophagitis)と胃カメラ(=gastroscope...
人生いろいろ

長女気質・完璧主義でも「気を張らない楽な生き方」をしたい

この間、久しぶりに大学の先輩・後輩が20人くらい集まって忘年会を開いた。シンガポールから日本に帰国して初めての大きな会。嬉しいことに、顔も知らないハジメマシテの先輩や後輩が既に私のことを知っ...
現地採用のリアル生活

現地採用でお金を貯めたいなら絶対に固定費を抑えろ!

前回書いたように、シンガポール現地採用(新卒)のお給料は手取りほぼ100%で自由度が高い。 それでフッフーイ!♪って舞い上がりがちなんだけど、どころがどっこい。 2年半の滞在中に...
現地採用のリアル生活

シンガポールの日本人(新卒)現地採用の給料&もらえない手当てについて

20代女子の私にとって、日本の物価はシンガポールのそれよりも全体的に高いという印象がある。 日本帰国して3ヶ月。この国は交通費と食費だけでドンドン諭吉さんが浪費されていく...。 ...
英語の勉強

シンガポール就職するなら完璧な日米バイリンガルになるよりも求められる大切なこと

新卒シンガポール現地採用に関する記事を書いてから、ありがたいことに就活に悩む大学生の方から連絡をいただくことが増えた。 中でもよく聞かれるのが、この質問。 日英バイリンガルじゃな...
シンガポールあるある

インター校 vs 現地校 vs 日本人学校 シンガポールにおける学校選びの傾向と、ちょっとした罠

「英語を話せるようになりたいのでインター校にしました!」 「日英バイリンガルを目指すのならやっぱりインター校に限りますよ〜」 「現地校は外国人の入学が難しいし、入ってからも親が大...
人生いろいろ

アジア・アメリカ・ヨーロッパに住んで身についた「世界のどこでも生きていける」自信の根拠

シンガポールから日本に本帰国してから久し振りに会う小学校の幼馴染が、「シンガポールが恋しいだろうから」と四川飯店の山椒麻婆豆腐を食べに連れ出してくれた。トウガラシ的な「辛さ」が先行してしまっ...
現地採用のリアル生活

シンガポールの生搾りオレンジジュース自動販売機「i.Jooz」 を徹底解説

熱帯国家シンガポール。ジリジリと太陽の照りつける日は、体内の水分を根こそぎ持っていかれそうになる。ちょっと散歩しただけで、喉が乾くんだよな。 あぁ、何かフレッシュなものをグビッといきた...
シンガポールあるある

日本語学習経験のシンガポール人に日本の「おせち」について尋ねてみた

新年、明けましておめでとうございます! いや〜また新たな一年の始まりですね♪ カウントダウン後に盛大な爆竹花火が上がる国とは違って、日本の年の瀬はとっても厳かで良い。底冷えする気...
人生いろいろ

シンガポール現地採用から日本帰国した2018年の振り返り&2019年の抱負

2018年も残すところあと1日。当ドメインでブログ開始してから1ヶ月も経ってないのにアレですが、今年もありがとうございました(=・ω・=) 新しく足を運んでくださった方はもちろん、以前の「w...
現地採用のリアル生活

新卒で知った日本とは違うシンガポールの働き方

9時の始業時間前。会社に着いてメールを開くと、シンガポール時間の午前2時から明け方にかけて、ボチボチとメールが入っている。そのうち半分は、アメリカ合衆国の、ワシントンD.C.からだ。 ...
英語の勉強

共感覚の持ち主にオススメの英語学習法とVARKスタイル

共感覚(シナスタジア)という言葉がある。 1つの感覚の刺激によって、別の知覚が不随意的に起こってしまう現象ことだ。 「視・聴・嗅・味・触」という人間の「5感」は、「光→視覚」や「...
人生いろいろ

シンガポールを離れて気が付いた、新卒で海外現地就職して得た3つのこと

日本での就職活動や研修に白旗ふりつつ「絶対に新卒で海外就職してみせる!」と啖呵をきってから、もうすぐ3年が経とうとしている。 大学を卒業して間もなくシンガポールに渡ったのが、2年と8ヶ...
現地採用のリアル生活

シンガポールでの就労経験が引き寄せる不思議な「ご縁」

12日24日、クリスマスイブ。 今日はいつもより人々の顔に笑顔が多い。カップルだけじゃなくて、おじいさんも、おばあさんも、子どもたちも。「平成」最後のクリスマスだから?関係ないか。笑 ...
人生いろいろ

たった一人の自分が国家を「代表」してしまう危険について

旅をするときは「その土地でしか知ることのできないことには貪欲になる」という自前のルールがある。 具体的には、本屋さんに立ち寄ったり、現地の新聞を手に取ったりして、どんなトピックが話題に...
現地採用のリアル生活

つまらないと言われているシンガポール生活を楽むコツ

海外生活で最も考慮すべきことの1つ、健康。 シンガポールでは最近、口内や手足に真っ赤な発疹ができる「手足口病」やインフルエンザが流行している。といってもマスクをつける文化がないから、風...
英語の勉強

日本生まれ日本育ちの純ジャパが初めて海外のスターバックスを訪れた日

ゴールドラッシュ!シリコンバレー!サンタモニカ・ビーチ! といえば(=・ω・=) そう、アメリカ合衆国の中でも最大の人口数を誇る、カリフォルニア州! セレブの巣であるロサンゼル...
シンガポールあるある

Twitterで話題!「#名画で学ぶ主婦業」がシンガポールで通じないわけ

今年の春頃、Twitterのハッシュタグ「#名画で学ぶ」シリーズが話題に上がった。 中でも「#名画で学ぶ主婦業」は、ミレーやレンブラントといった有名画家たちの作品を、主婦たちが日頃直面して...
現地採用のリアル生活

海外滞在している間に目まぐるしく変わる友人関係にどう対処していくか

海外在住者あるあるの一つ「日本にいる友だちと気軽に会えない」という悩み。物理的距離があるから仕方のない事なんだけど、幼馴染との集まりとか大学の同窓会に、なかなか顔を出せないんだよね。結婚式ラ...
トップへ戻る