シンガポール就職するなら完璧な日米バイリンガルになるよりも求められる大切なこと


新卒シンガポール現地採用に関する記事を書いてから、ありがたいことに就活に悩む大学生の方から連絡をいただくことが増えた。

中でもよく聞かれるのが、この質問。

日英バイリンガルじゃないと、シンガポール就職は難しいですか?

どこの国でもついて回る「海外就職=英語」という方程式。特にシンガポールは英語能力指数でアジア最高の英語力を叩き出すなどしているから、高い英語力は必須というイメージが強いのかもしれない。

ぶっちゃけ、シンガポール就職は日英ペラペ〜ラの完全バイリンガルでなくても可能だ。

業界職種を問わなければ「シンガポール」「求人」「日本語」など検索するだけで、ビジネスレベル以上の英語を必要としないポジションは色々見つかるだろう。経験や専門性を持っていれば英語力は問わないという案件も多いので、英語ペラペ〜ラか否かは必須条件ではない。実際にシンガポールで出会った友人の中には、英語が得意でないという人も多かった。

どんなに頑張ったって完璧なバイリンガルにはなれない?

そんな現状があるので、バイリンガルでなければシンガポールで働けませんか、という質問に対しては大抵こう返している。

英語を使ってどんな仕事がしたいですか?

なぜならどのレベルで英語を使いたいのかによって、バイリンガルの定義が変わってくるからだ。

もし世間で求められている「バイリンガル」というのが「母語と同じレベルで使える他の言語がある」ことを意味するのだとすると、私はそんなものには一生なれないんじゃないかと思って諦めている。笑

じゃあ英語って何なん?というと、私にとっては「中間言語(inter-language)」の一つだ。

仮に母語(私の場合は日本語)の習得レベルが「100」で表せられるとしよう。それに対して学習言語である英語は、「0」の状態から始まって母語レベル「100」に到達するまで、一生その”中間”をさまよってバイリンガルに到達することはない、という考え方である。

私がまともに英語を勉強し出したのは大学に入ってからだから、日本語と英語のレベルなんてかけ離れている。日本語では感受できるものが、英語になった瞬間たちまち色褪せちゃったりするんだ。

というわけで、日本生まれ日本育ちの日本人がどんなに頑張ったって、「完璧なバイリンガル」になれる可能性は無に等しい

ならば、ペラペ〜ラの完璧バイリンガルになるのは諦めて、なよなよバイリンガルを名乗っている(=・ω・=)

完璧なバイリンガルよりも、不完全なマルチリンガルになろう

実際に住んでいた経験からすると、シンガポールでは完璧なバイリンガルよりも、不完全なマルチリンガルである方が大切であるように思う。なぜなら色んな言語を浅く広く知っていることが、多くの文化への歩み寄りに繋がるからだ。

シンガポールは様々な文化が交差している国だ。

中国語(福建語、潮州語、広東語など)、マレー語、タミル語、さらに「Singlish(シングリッシュ)」と呼ばれる中国語やマレー語の入り混じった独特の英語でのコミュニケーションも日常茶飯事。

日本語は生活言語の基盤として。英語は仕事用の言語として。中国語は赤ちゃんレベルでも良いから友達作りのために。マレー語は少しだけジョークを知っている。こんな感じでも良い。

私は中国語を勉強したことはないけれど、中華系が国民の大半を占めるシンガポールに2年半も滞在していれば、屋台のメニューを頼んだり、お掃除のおばちゃんと挨拶をかわせるレベルには理解できるようになった。現地のレストランでお会計を頼むときは、英語で「Can I have the bill?」というよりも、中国語で「买单(マイダン)」とお願いした方が、ずっとコミュニケーションが円滑になるということも知った。

そういった言語を通しての現地への「歩み寄り」が、本当の意味でシンガポールに暮らすことに繋がる。

このように「バイリンガル」のレベルも多岐に渡るのだから、まずは自分に必要な英語力を考えてみると良いと思う。

日系サービス業に従事したいのか、金融企業でアナリストをしたいのか、営業職につきたいのか。それとも外国人の友達を作れる程度でOKなのか。考えようによっては、今以上に英語力を伸ばす必要がないかもしれない。「バイリンガルになりたい!」と漠然とした希望を描いていても、目的によっては既に十分な英語力を備えている可能性だってあるのだから。

シンガポールで完璧な日英バイリンガルを目指すよりも、その同じ時間と労力で不完全なマルチリンガルを目指してみてはいかがでしょうか(=・ω・=)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました