シンガポールでの仕事・求人の探し方【就職支援サイト活用編】

シンガポールで求人を探すには、いくつか方法がある。

私は日本に滞在しながらシンガポールの仕事を探していたので、ネット検索に頼りっぱなしだった。

シンガポール 就職」とか「シンガポール 新卒 求人」というキーワードで検索すると、やはり出てきたのは就職支援サイト。実際に私も何社かにお世話になって、シンガポール就活の動向を知ることができた。

そこで今回は、シンガポールでの仕事・求人の探し方【就職支援サイト活用編】をお送りします(=・ω・=)

シンガポールの就職・求人紹介サイト一覧(一部)

シンガポールの求人情報が掲載されているサイトまとめ(アルファベット順)。

どのサイトも「新卒」「未経験可」「大卒OK」というキーワードでフィルターをかけることができる。

だけどシンガポールは、新卒採用に厳しいことで有名である。実際、上記のキーワードで絞ってしまうと「ウェイター」「パート」「カフェの店員」といった仕事しか残らなった。

そのため検索するときは「必要経験年数:2〜3年」など、少し背伸びした案件も視野に入れていた

すると、グッと選択肢が広がること間違いなし◎

求人に応募する際に必要な書類

気になる案件があったら、次は実際に応募してみよう!

とはいえ「この仕事に興味がある!」と連絡をしても、エージェントへの登録をしなければならない。

二度手間を防ぐために、求人に応募する時には、以下の2つを添付できたら良い。

  • 英文の履歴書(レジュメ)
  • 日本語の職務経歴書(できれば写真付き)

↑これらは後から編集できるように、WordもしくはExcel形式を指定されることも多かった。

  • 英文の最終学歴証明書
  • パスポートのコピー
  • パスポートサイズの証明写真

↑エージェントによっては応募の段階でこれらも求められる。

ビザの申請時も必要になるので、日本を出る前に、ぜひ取り揃えておこう(=・ω・=)

応募する際に伝えられると望ましいもの

エージェントに登録すると、それぞれに適した求人を紹介してくれるために、いくつか確認事項がある。

どこの企業にお願いしても、基本的に問われることは同じだった。

私は相手から聞かれてから「あぁ、そうでした!」と確認することが多かったんだけど。

最初の応募連絡の際、以下も伝えられたら、より親切だったかなと思う。

  1. 生年月日(ビザの最低賃金を算出するのに必要)
  2. 希望業種・職種
  3. 就労可能時期(○月〜)
  4. 希望の給料
  5. 現職もしくは前職の給料
  6. シンガポールへの渡航予定(具体的な日付であればベター)
  7. SkypeID(面接で使用する可能性あり)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました